色落ちしたジーンズをもう一回鮮やかな色にしてやりたい!

    2016/06/12

目黒都立大学前にあるMakers’Baseへ

 

 

こんばんは!

けんとしです。

 

 

P1010684

 

 

東京は目黒にあるMaker’s Baseに行ってきました。(16年6月10日時点で都立大学前に移転しました)

DIY文化が見直され、少し前から話題になっているシェア工房です。

日本のメイカースペースの草分けと呼ぶにふさわしいでしょう。

 

 

P1010654

 

こちらでは、会員になると設備が使えるようになる他、ワークショップなども毎日のように開催されています。

 

今回はワークショップの中の一つ、藍染体験に参加してきました!

 

 

目的は色落ちしたジーンズを染め直すためです。

僕はこのリゾルトのストレートをかれこれリジットから4年間履いています。

春秋冬はこのジーンズを穿き、足元はkeenのnewportH2というスタイルで休みのほとんどを過ごしています。

おかげでお尻の部分は破れ、裾はほつれ、ボロボロです。色落ちも進んでいます。

 

P1010655

 

そろそろ次のジーンズを買おうかな。なんて思ってたところに、メイカーズベースで藍染体験が出来るとの噂を聞きました。

ちょうどいい、せっかくなら実験台になってもらおう!

という事で申し込み。

 

 

ただ一点残念な事が。。。

 

僕はてっきり本藍染が体験出来ると思って申し込んだのですが、申し込んだ後の連絡を見てみるとインディゴ染となっているではありませんか!

調べると、藍染という枠の中に天然染料である本藍と人工染料であるインディゴがはいっているという事だったみたいです。

え、みんな知ってるって?

 

 

Screenshot_2016-02-24-23-03-40

開催一週間前にはどんな洋服が染まりやすいかを説明したメールが届きました。

細やかな気遣いが素晴らしい、ホレる。

 

 

色落ちしたジーンズは再染色出来るのか?

 

 

P1010674

 

 

 

こちらの液体がインディゴを溶かしたもの。

色、ドブ川みたいな色してるな。。

しかも、めっちゃ臭い。ドデカミンから爽やかさをとったような匂いがする。

 

 

10分浸け、10分空気に触れさせるという作業を繰り返していきます。

 

 

 

 

P1010681

 

 

色は最初こそ緑だったものの、三回ドブにつけるころにはすっかり藍色になっていました。

空気に触れると酸素とインディゴが反応して色が変わってくるようです。回数を増やせばその分だけ濃く染まるらしい

 

ちなみになぜジーンズの裏側が藍色に染まっていないかというと、そもそも表と裏で生地が違うからなんだって。

縦糸(表)はインディゴブルーで染めて、横糸(裏)は白を使うのが一般的みたい。

 

 

 

P1010678

 

 

染めた後は水で洗っていきます。

 

 

そして、染めたものがこちら!

 

P1010687

 

P1010689

 

 

うん、いい色に染まっていると思う!

染料を買ってくれば家でも簡単に染められるな。

 

 

デートスポットとして流行る気がする

 

 

Maker’s Baseはスタッフも参加者も若めの方が多く、DIY文化って若者に受け入れられてるんだなってびっくりしました。(僕も十分若者ですが)

ヘアバンドしたおしゃれガールやPOPEYEに出てきそうなシティボーイが多かったですが、気さくに話せる雰囲気なので初心者にも行きやすくてよかったです!

 

染めてみたいけど、どうしたらわからないしひとまず体験してみたいなって人にはとてもいいプログラムだと思います。

 

 

ちなみに、真顔でジーンズをバタバタ乾かしている僕の横でカップル達が「キャー手が冷たいよう」「大丈夫?カイロいる?」「ありがとう。。。」という様子でいちゃいちゃしていました。

他に3組カップルがいたのですが、みんなニコニコ笑顔で帰っていったのでデートにおすすめです、Maker’s Base

 

 

 

僕はまず一緒に来てくれる友達を探します。

 

 

 - たずねる, つくる