キーチェーンの製作(丸カン~ロウ付け編)

 

キーチェーンを自作する方法

 

こんばんは、けんとしです。

最近はキーチェーンを製作しています。

 

製作をしていると時間が過ぎるのがとても早い。ロウ付けを初めて気づくと2時間経っていたりして、驚きます。

ようやくロウ付けがすべて終わり、チェーンの形になったので紹介する事にしました。

 

 

chain-1

 

まずは銀棒を好みの細さまで伸ばしていきます。

銀棒をなまして、入れた時にやっとこ(閻魔大王が舌を引っこ抜く道具)でつかめるくらいの穴に入れてグイーっと引っ張ります。

だんだん固くなってくるので、傷がつく前になましてまた引っ張ります。

 

 

chain-2

 

少しづつ角が取れ細くなっていきます。

 

 

 

chain-1

 

 

好みの細さになったら、心金にぐるぐると巻いていきます。

巻く際に二つほどポイントがあります。

まず、隙間が出来ないようきつく巻く事。そして、銀棒の真ん中を支点に両側を巻いていく事。

 

 

巻いたら糸鋸でカットします。

 

 

chain-2

 

 

すると、上のように同じサイズの円がたくさんできます。

この円をくっつけていく事でチェーンを作ります。

 

 

糸鋸でカットするときは、一直線にカットするように心がけましょう。切り口が斜めになっていたりすると後のロウ付けの工程が大変になってしまいます。

 

 

chain-3

 

ペンチとピンセットでなるべく切断面がぴったりくっつくように調整します。糸鋸でまっすぐカット出来てないと切断面がぴったりとくっつかなくなってしまうんですね。

 

上手くくっつかない場合は、ペンチで出っ張っている方をつぶしてあげると良い感じになります。

 

 

chain-4

 

光にかざした時に光が漏れない程度まではくっつけたい。

 

 

chein-06

 

切断面がぴったりとくっついたらロウ付けにはいります。

 

 

chein-08

 

フラックスを小皿に出し、銀ロウをつけます。今回は3分の銀ロウを使用。銀10に対し真鍮が3入っている銀ロウです。真鍮が多く含まれているほど融点が低いため扱いやすくなります。

 

 

chein-09

 

フラックスを丸カンの切断面にたけひごで塗り、バーナーで熱します。赤くなったら銀ロウをピンセットで切断面にくっつけます。

 

すると、丸カンが熱いので銀ロウについたフラックスがブワーっと固まって接着剤の役割を果たすんです。

 

 

直接銀ロウを熱してしまうとダマになってしまうため、丸環全体を熱するイメージで加熱してください。

 

写真のようにチェーンとチェーンをくっつけるロウ付けを行う時は、これまでロウ付けした部分が下に向くようにしないと熱で溶けてくっついてしまうのでご注意を。

 

 

 

chein-12

 

 

ペンチで好みの大きさまで潰したら完成。この作業をひたすら続けていくと、チェーンが出来ます。

 

 

単体でロウ付けしたものを二つ用意し、丸環に通してロウ付けをすると3個のまとまりが出来ます。

 

3個のまとまりを二つ用意して、丸環に通してロウ付け、7個のまとまりを用意して…というように数を増やすと数が多くなっても左右の重さが均等なため作業がしやすいです。

 

 

chein-14

 

酸に入れてフラックスを落とすと真っ白になります。

 

これから一つひとつを磨いていきます。愛をこめて。まるで我が子のようにかわいいな。

 

 - つくる